萌えに燃えたこの夏の映画


今年の夏は映画の当たり年で「GIジョー2 バック・ツー・ザ・リベンジ」に始まり。

「スタートレック イントゥー・ダーク・ネス」と「パシフィック・リム」と何しろ面白い映画ばかり。


それぞれ5回、五回、四回と見に行ってしまった~

「GIジョー」は韓国のスター イ・ビョンホンさんが目当てで、「STID」は英国BBCのドラマ「SHERLOCK/シャーロック」で一大スターとなったベネディクト・カンバーバッチさん目当てで見ましたのほほほっ

「パシフィック・リム」は海から現れた怪獣を巨大ロボットが迎え撃つどこかで聞いたような話ですがこれを特撮とCGでマジにやってしまう近年まれに見る大傑作

も~女でも映画館にて拳握り締め腕を振り上げてしまうくらい血沸き肉踊る作品でした。
これを上映最終日最後にいったらEDが終わると同時に拍手喝采で感無量

本当に近年稀な大傑作でこれを見ないのは惜しいです・・・

もちろんインド映画も変わらず好きですよ

あまりにも面白いので「スタートレック イントゥー・ダーク・ネス」と「パシフィック・リム」は3DIMXと言う最新システムで見たいと思い福岡はキャナルシティの映画館まで出向きました。

いや~その迫力の凄いこと、波飛沫や宇宙船とかロボットの迫力が並大抵ではありません。わざわざで出かけて良かった大満足です

そいでそいで日本では発売まで半年掛かるのが待ちどうしくて密林でUS版「スタートレック イントゥー・ダーク・ネス」買っちゃいました・・・・英語字幕しかないのにどーすんの・・・
五回見てある程度は台詞覚えましたけどね・・


明日にはこちら「GIジョー2 バック・ツー・ザ・リベンジ」が届きます・・・





パシフィック・リム

こちらはパシフィック・リムのサントラ、これもまた素晴らしい音楽で騙されたと思って聞いてみてください~

パシフィク・リムもっと上映してくれないかな~●立ちぬよりもずっとずっと面白いのに・・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。